So-net無料ブログ作成
検索選択

見直される技術 音楽を通じて [趣味全開!]

音楽をどの媒体で聞くか――
これは音楽を楽しむ人にとって、ひとつの嬉しい悩みだと感じます。
ダウンロードして手軽に持ち運べるスマホ、MSDカードに曲を入れたmp3プレイヤー、ちょっとかさばるけれど入れ替え自由なCDコンポ…

そのような中、カセットテープがにわかに注目を集めているのをご存知でしょうか。




なんでも、アメリカのインディーズレーベルやバンドの中で、カセットテープにダウンロードコードをつけて販売するという方法が広まっているとのことです。
それを受け、日本でも音楽好きの間で徐々に注目が高まっています。

今ではCDのおまけにカセットテープをつけたり、カセットテープにダウンロードコードをつけるリリースが増えています。

もちろんメリットがなければこんなことは起こりえません。
ひとつに作り手側としてのメリットがあります。

自分で作れることと、在庫を抱えずにすむこと。
在庫に悩む人にとってのひとつの解決策がデータならば、もうひとつの解決策が「身の丈に合うだけの音楽販売をすること」ですね。
CDは大量にプレスするので、どうしても余ったり、時と場合によっては足りなかったりと不便なものでしたが、それらを一気に「レトロ」なカセットテープが解決してくれるのです。

聴き手側のメリットとしては、テーププレイヤーのデメリットとも言われる「頭出しできない(できるものもあります)」ことで、逆に1曲1曲を大事に聴くという姿勢につながるようです。
また耳に心地よいノイズや聴いた数だけ状態が変わり、一度として同じ状態の曲がないというのも魅力の用です。
私もお気に入りアーティストのテープ、伸びるまで聴きこみました。

なお、若い世代にとっては「存在自体が目新しい」ようですね。
「面倒だけど、カッコいい」というのは、ある種のステータスとなっているように感じます。

更には現在、経済産業省の統計において、カセットテープの生産量が増加しているようです。
背景には東日本大震災があり、その際データ保存用としての信頼性と、テープ自体の大容量化などから、徐々に見直されているとのことです。


少し前にはレコードが見直され、今はカセットテープが見直され…
レトロに憧れる若者と、レトロを懐かしむ人々が交錯する様子は、新たな日本の文化発展につながるだろうと感じさせます。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。